忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
住宅ローンを借りるうえで、
返済期間全期間固定金利を選ぶ人の割合が増えているそうです。

住宅ローンの金利は史上最低の水準が続いていますので、
いつかは上がるだろうと思う人が増えているのでしょうか。

10年固定でも1.2%くらいまで下がっていますし、
この低い金利なら、
変動金利の方が金利は低いけれどいつか上がるかもしれないリスクをかかえているよりはいい、
という判断があるのではないでしょうか。

私も、10年固定で1.6%でしたので、
返済計画が把握できる10年固定・10年返済で借りました。

確かに、変動金利の方が断然低い金利なのですが、
当初の金利期間が終わった後に、
もしかしたら高くなっているかもしれないということがあるし、
それだと返済計画、そして返済総額が未確定なままで返済するということになってしまうんですよね。

私と同じような考え方をする人が増えてちょっとうれしいみたいな。
PR
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]