忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
10月分から住宅金融支援機構の「フラット35」の金利が
20年以内なら金利を低くするようです。

15~20年の融資を増やすことが狙いとのこと。

このことによって20年超の融資金利に比べて、
20年未満は0.2%程度低くなるようです。

------------------------------------------

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は27日、民間金融機関と提携した最長35年の固定金利住宅ローン「フラット35」について、返済期間にかかわらず一律の金利を見直し、20年以内では金利を低くする新制度を導入すると正式発表した。10月1日の融資実行分から適用する。

15―20年の融資の需要を掘り起こす狙い。新制度を使うと20年超の融資に比べ、金利が年0.2%程度低くなる見込み。現行の金利水準(固定で3%前後)で2000万円を20年借りた場合、返済総額を約50万円抑えられる。

(日本経済新聞 - 2007年6月27日)
------------------------------------------
PR
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]