忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
仮想空間の「セカンドライフ」、
はたしてどれだけ利用者がいるのか分かりませんが、
セカンドライフ内で使われる仮装貨幣「リンデンドル」を
楽天市場などで使える楽天スーパーポイントへ
交換できるようになるみたいですね。

「セカンドライフ」は昨年の春頃でしょうか、
新聞などで取り上げられ、また有名企業も
セカンドライフ内に出店するなどして
将来性が見込まれていましたが
今ではほとんどセカンドライフのニュースを
目にすることはなくなりましたよね。

私の周辺でもセカンドライフをやつている人は
皆無といっていいくらい誰もやつていません。

------------------------------------------------

マグスルが提供する「MagSL EX」は、仮想世界「セカンドライフ」において、仮想通貨「リンデンドル」を個人ユーザーに対してプリペイド型電子マネーにより販売しています。今回新たに、仮想通貨「リンデンドル」を「楽天スーパーポイント」に交換するサービスを提供することで、「セカンドライフ」において収入を得ているユーザーが「楽天スーパーポイント」を経由して「楽天市場」でのショッピングが出来るようになります。
  「セカンドライフ」では仮想通貨「リンデンドル」によって、アバター用のアイテムの売買ができるマーケットプレイスが成立しており、個人のクリエイター達がコンテンツを制作し、世界中のユーザーに対して販売することで収益を得ています。しかし運営元である米リンデンラボ社では米ドルへの交換のみしか対応していないため、日本円への交換は難しく、また確定申告などに不安を感じるユーザーも多かったのが実情でした。

(CNET Japan - 2008年12月14日)
------------------------------------------------
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]