忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
JR北海道が2008年秋からICカード乗車券
「Kitaca(キタカ)」を導入するようですね。

2009年の春にはJR東日本の「Suica(スイカ)」との
相互利用を予定していて、相互利用開始と同時に
電子マネー機能の提供もはじめるようです。

チャージ(入金)方法は各駅のみどりの窓口や券売機などでとなるようですが。
またモバイルでの利用やクレジットカードでのオーシチャージは
開始当初は対応なしということです。
でも、みどりの窓口ではクレジットカードでのオートチャージ可能だそうです。

--------------------------------------------------

 JR北海道は、2008年秋よりICカード乗車券「Kitaca」を導入すると発表した。サービス開始に先立ち、モニター試験を10月1日より開始する。

 Kitacaは、あらかじめICカードにチャージしておくことで、切符を購入することなく改札機にタッチすることで乗車できるサービスで、「無記名Kitaca」「記名Kitaca」「Kitaca定期券」の3種類を用意。無記名Kitacaは大人のみ購入可能で紛失時の再発行ができない。記名Kitacaは小児も利用でき、紛失時にも再発行できるが、名前や性別といった個人情報の登録が必要になる。定期Kitacaは記名Kitacaに準じ、紛失再発行や小児利用も可能だが個人情報の登録が必要。

 価格は無記名Kitacaと記名Kitacaがデポジット(預かり保証金)500円を含み2000円で、残り1500円を運賃として利用できる。Kitaca定期券はデポジット500円に加えて定期代金が必要になる。チャージの上限は2万円で、Kitaca定期券と記名Kitacaの再発行は手数料500円とデポジット500円の合計1000円が必要。なお、払い戻しは無記名Kitacaも含めて手数料210円で利用できる。

  サービス提供エリアは函館本線の小樽~札幌~岩見沢間、千歳線の札幌~新千歳空港~苫小牧間、学園都市線 札幌~北海道医療大学間の55駅相互間。

 チャージ方法はみどりの窓口や券売機などで行う。携帯電話向けサービスやクレジットカードでのチャージは現在のところ非対応だが、みどりの窓口であればクレジットカードを利用してチャージすることができる。

(BroadBand Watch - 2008年7月31日)
----------------------------------------------
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]