忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
住宅金融支援機構の35年長期固定住宅ローン「フラット35」の
6月の金利が上昇傾向にあるようですね。

ちなみに「フラット35」は住宅金融支援機構が
民間の金融機関と提携し銀行など民間金融機関が
窓口となって販売している住宅ローンです。

今後もおそらく金利は上昇の傾向を続けていくものと予想されますね。
今までが例外的に金利が低い状態にあったわけですから
上昇をつづけていくのは間違いないのではないかと個人的には思います。

住宅ローンにしろ、長期的なローンを借りるのでしたら
金利が低い今のうちに固定金利で借りておくのが得策のような気がします。

-----------------------------------------
住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は4日、民間金融機関と提携した最長35年の長期固定の住宅ローン「フラット35」の6月の適用金利を発表した。取扱329機関の平均は前月を0.049%上回る3.077%となった。

長期金利の上昇を受けて2カ月連続で上昇した。最も金利が低い金融機関では2.821%、最高は3.420%だった。

(日本経済新聞 - 2007年6月4日)
------------------------------------------
PR
ブログ内検索
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]