忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
6月の住宅ローン金利変更に大手銀行は対応が分かれたようですね。
金利の上昇傾向にあることから住宅ローン金利も上昇するのではないかと思われていましたが、

固定金利では短期モノは大銀行が全て若干金利を上昇させましたが、
長期固定モノでは三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行が金利を引き下げ、
みずほ銀行は上昇させています。

------------------------------------------------
6月の住宅ローン金利、各行対応分かれる

三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそなの大手銀各行が6月1日から適用する住宅ローン金利が31日、出そろった。各行は市場金利が上昇傾向にあることを背景に短期の固定金利を引き上げる。一方で一部には金利を引き下げる動きもあり、銀行間で対応が分かれた。

三菱東京UFJは1年物の固定金利を年1.0%にする優遇サービスを始める。優遇は6月1日から9月末までに借り入れをする人が対象。ほかにもインターネット経由で住宅ローンを申し込んだ人に限り、金利を全期間1.2%優遇する商品も用意する。

三井住友は3年物を年0.1%引き上げるが、5年物、10年物、20年物は0.05―0.1%引き下げる。みずほはすべての期間で金利を0.05%引き上げる。りそなは35年の提携ローン金利を0.05%引き上げるが、ほかの固定期間は据え置く。

(日本経済新聞 - 2007年5月31日)
-------------------------------------------------
PR
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]