忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
住宅ローンを借りていて、
返済期間を短くしたり返済額を減らしたいと思い、
繰り上げ返済を考えることはないだろうか。

なにかしかのお金が入るなどして手元の資金に余裕が出た場合など
そのときの資金の余裕額に応じて「全額繰上げ返済」か「一部繰り上げ返済」をすることで返済総額を減らすことができるのならしたいと思うのでは。

とにかく資金に余裕が出来たら繰上げ返済して元金を減らす。
そうすると支払う利息が減るので、結果的には支払い総額が随分と減ることになる。

金利ミックスの住宅ローンの場合は、
固定金利から変動金利へ変るタイミングで繰り上げ返済すると
元金が減るので利息支払い分が随分と減るケースもありそうだ。

低い固定金利から変動金利で金利が高くなるタイミングで
できるだけ元金を減らすと支払い総額がかなり減る場合もある。

ちなみに繰り上げ返済する場合、
手数料を取られる金融機関もあるので事前にチェックしておく必要もある。

例えば住宅金融支援機構のフラット35や
新生銀行の住宅ローンは手数料は取られない。

三井住友銀行はインターネットで手続きをすると手数料は取られない。

三菱東京UFJ銀行は100万円以下の繰上げ返済の場合は
21000円の手数料がかかる。
PR
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]