忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
投信情報サービス会社リッパーによると
2008年度上期の投資信託への資金流入は
2007年度下期比で8割もの減少となったとのことです。

8割減とはすごすぎる減少ですよね。

だとすると、世界の株価が下落している今の下期は
どれだけの減少となるのでしょうか。

今が株価下落で投資信託の基準価額も下がっていることから
購入時だと感じて購入している人がいるのかもしれませんが、
全体のマインドとしてはしばらく金融商品へ投資するのはやめておこうという感じですよね。

--------------------------------------------

2008年度上期は投資信託市場への資金流入に急ブレーキがかかった。投信情報サービス会社リッパーによると、上期の株式投信への資金純流入額は07年度下期に比べ半減し、07年度上期比では8割減となった。

 世界的な金融市場の混乱で株安が加速したほか、円が対ユーロや対豪ドルなどに対し上昇したことで投信の基準価格が下落し、個人投資家の心理が冷え込んだのが背景。

 特に米リーマン・ブラザーズ(LEHMQ.PK: 株価, 企業情報, レポート)破たん後の9月後半は、昨年後半から「質への逃避」で人気が再燃していた外債ファンドへの資金流入も縮小。各国政府が世界的な金融危機打開に向け協調策を講じているものの、金融市場の先行き不透明感は払しょくされておらず「個人投資家は安全志向を極端に強め、当面は投資“凍結”状態が続く」(大手地銀)との見方が多い。

(ロイター - 2008年10月17日)
--------------------------------------------------
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]