忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
私を含めてなのですが、
私のまわりでも民間の医療保険や生命保険に加入している人は多いです。

私は、生命保険や死亡保障には加入せず、
オリックスの医療保険へ加入し、
月々5千円ほど支払っています。

私の周囲で収入に見合わない保険料というか、
その収入でその月々の保険料は多すぎるのでは?
というくらいの保険料を毎月支払っている方をちらほら見かけます。

自分にもしものことがあったら、
子供や配偶者の生活が心配だからという理由のようですが、
もっと補償金額を低くしたりして、
月々の支払いを抑えるようにすれば
少しは今の生活に余裕ができるのにと思うことが度々あります。

-------------------------------------------------------------

自動車を持ったら必ず自賠責保険に加入しなければならないように、社会人になったら医療保険や死亡保障の保険に加入することが、半ば義務のように感じている人も多いようです。そして、保障内容もよくわからないまま保険に入り、ずっと放置している人も大勢います。今回は、そんな"持ち腐れ"になっている保険について考えていきましょう。

保険はちょっとした不動産に匹敵するくらい、人生の中でも一、二を争う高額な買い物です。月払いで支払うケースが多いので、ちょっと気がつきにくいかもしれませんが、たとえば毎月2万円の保険料を30年間支払っていたら、トータルで720万円も支払うことになります。そんなにも大金を支払って、保障を"買う"のに、よく内容がわからないままに加入するというのはありえないことです。

(ダイヤモンド・オンライン - 2012年9月14日)
---------------------------------------------------------------
PR
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]