忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
三菱UFJニコスと名古屋市がカード加盟店契約を行い、名古屋市立5病院で治療費や入院費のクレジットカード払いが導入されるようです。
外来・入院・救急の3分野でカード払いが可能になるようです。

医療費をクレジットカード支払いができるようになると、
医療費の支払い分にもカードのポイントが付くことになりますので、
高額な医療費を支払う場合にはポイント付与分がお得になりますね。

----------------------------------------------------

三菱UFJニコスはこの度、名古屋市(松原武久市長)と医療費や入院費をクレジットカードで支払える加盟店契約を結び、市立病院5施設にて8月1日からその取り扱いを開始します。

具体的にカード払いが可能となるのは、東市民病院、守山市民病院、城西病院、城北病院、緑市民病院。各院はいずれも救急病院としての役割も担う各地域の基幹病院で、5施設合計で1,554病床、1日平均入院患者約1,295名、同外来患者約3,539名(平成17年度実績)を有しているものです。

名古屋市では多様化する市民の医療ニーズに対応すべく、平成18年に「名古屋市立病院中期経営プラン」を策定、高度専門医療の充実や各施設間の機能分担、地域医療連携の充実など、様々な取り組みに着手。今回のカード決済導入も、同プランで設定した"患者満足度の向上"の一環となるものです。

これにより、急病や事故・ケガなどによる不意の出費や、長期入院などで治療費が高額になった場合に、患者さんや家族は事前に現金を用意することなく、クレジットカードを使って安心して支払えるようになり、また、クレジットカードのポイントサービスに医療費の支払い分を活かすことが可能となります。

利用できるカードはDCカード/UFJカード/NICOSカードのほか、VISA/MasterCardブランドのすべてのクレジットカードで、支払い方法は1回払い、2回払い、分割払い(3回、5回、6回、10回、12回、15回、18回、20回、24回)、リボルビング払いとなります。

当社では、昨年5月成立の「改正地方自治法」で地方自治体の料金のカード払いが明確に認められたことから、公立病院の医療費や入院費をはじめ、水道料金や税金などの公金のカード決済導入を積極的に各自治体へ働きかけていくものです。

(日経プレスリリース - 2007年7月22日)
-----------------------------------------------------
PR
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]