忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
ヨーロッパの最大手銀行であるHSBCが、
2008年1月に東京の広尾に第1号店を開業するとのことです。

その後東京や大阪を中心に
日本で30~50店舗を展開するようです。

HSBCは主に富裕層を対象としての
リテールサービスを展開していく予定ということですので、
首都圏や大阪、名古屋、そして地方の100万人都市に限っての
出店となるのではないでしょうか。

ちなみに1000万円以上の資産を持つ個人を顧客層として想定しているようです。

-------------------------------------------

 欧州最大手銀行HSBCグループ傘下の香港上海銀行は日本で個人向け金融(リテール)サービスを提供する拠点として30―50店舗を開設する。まず2008年1月に東京・広尾に第1号店舗を開設する認可を金融庁から取得した。今後も東京や大阪をはじめとする全国の主要都市に拠点網の開設を進め、富裕層の資産運用需要を取り込みたい考えだ。

 対象とする顧客層は1000万円以上の資産を持つ個人。投資信託や外貨預金などの資産運用の相談窓口、顧客にくつろいでもらう専用スペースのほか、ATMやインターネットバンキングが利用できるパソコンなどを店舗内に置く。

(日本経済新聞 - 2007年11月15日)
-------------------------------------------
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]