忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
住宅金融支援機構の住宅ローン「フラット35」の
最低金利が僅かながらですが上昇したようですね。

この金利上昇は、10年物国債金利が上昇したことに
連動しての上昇との事です。

フラット35の金利が国債の金利と連動しているとははじめて知りました。

ということは、今後国債の金利が上がれば
フラット35の金利も上昇するということになりますよね。

現在は国債の買い手がまだいるのでいいですが、
今後日本の財政がさらに厳しくなり、
国債の発行数が増加していくと
そのうち国債の金利がさらに上昇し、
フラット35の金利も上昇しかねないということになのるでしょうかね。

---------------------------------------

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は4日、民間金融機関と提携した最長35年の長期固定住宅ローン「フラット35」の10月の適用金利を発表した。

融資金利は取扱金融機関によって異なるが、返済期間別で

「15年以上20年以下」…年 1.95~3.20%(1.87~3.20%)
「21年以上35年以下」…年 2.16~3.20%(2.06~3.20%)

となり、前月(カッコ内)対比で最低金利が上昇している。

最低金利上昇は6ヶ月ぶりで、これは10年物国債の金利が前月より高い水準になったのを反映したものという。

(社長のための経済ニュース - ‎2010年10月6日‎)
---------------------------------------------------------
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]