忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
通販型自動車保険としてテレビCMなどを通じて認知度が上がっているアクサダイレクトが保険内容を改定するようです。

改定内容としては、運転者や運転車種によって、保険料が下がる人がいれば上がる人もいるようです。

また、ロードサービスなどのアシスタントサービスの内容も変更があり、保険期間中1回までが無料となるとのこと。しかし、その一方で、無料対応サービスを増やし、応急作業の制限時間もなくすとのことです。
おそらく、年に1回以上ロードサービスを利用する人は少数でしょうから、応急作業の制限時間がなくなることの方がうれしいユーザーが多いと思います。

それと、個人的に注目したいのは、アクサダイレクトは申し込みの際に家族限定特約が適用されて、加入の手続きに家族の運転者全員の情報を提出しなければならず面倒だったのが、本人限定型が用意されてその面倒がなくなったことです。

私は、通販型自動車保険に乗り換える際に、アクサダイレクトは家族の運転者情報も提出しなければいけないということで、検討対象から外した経験があります。

---------------------------------------------

アクサ損保は、損害保険料率算出機構の参考純率が改定されたことを踏まえ、アクサダイレクト総合自動車保険について保険料水準の見直しを行うとともに、補償内容の変更を実施する。2012年2月1日以降を保険始期日とする契約が対象となる。今回の改定では、個々の契約への影響度合いはそれぞれ異なるが、すべての契約条件で保険料が変更となり、引き下げとなる場合、引き上げとなる場合がある。

また、アシスタンスサービスついても改定する。ガス欠やバッテリー上がりについては「保険期間中、1回の提供」と制限を設ける一方、現場での応急作業の制限時間をなくすほか、故障の際の無料対応サービスを増やす。

(サーチナニュース - 2011年11月30日)
----------------------------------------------
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]