忍者ブログ
株や投資信託、FXやクレジットカードなどについてニュースをチェックしています。
住宅ローン金利が徐々に上昇し続けていますね。

大手銀行の固定型金利は7月0.1~0.25%の上昇で、
8月も上昇する公算が大きいと言われているようです。

3年物は12年ぶりの高い水準になったようです。

固定型住宅ローンの2~3割をしめる
3年物は大手銀行で3.5~3.5%で、
この1年で0.7%の上昇をしたとのこと。

今後の住宅ローンの金利の上昇が続く考える人が多く、
新規に住宅ローンを組む人は長期固定金利を選ぶ人が増えているようです。

昨年3月と比べると直近では長期固定金利を選ぶ人が
全体の1割程度だった比率が4割前後へ増えたとのこと。

----------------------------------------------

住宅ローン金利が上昇し続けている。大手銀行は7月から固定型金利を前月より0.1―0.25%引き上げ、3年物は約12年ぶりの高水準になった。7月に入っても判断材料の長期金利が上がっており、この水準が続けば8月も0.1%ほど引き上げる可能性が高い。大都市圏では地価も上昇し続け、住宅購入を考えている人の負担感が一段と増してきた。

固定型住宅ローンの2、3割を占める3年物でみると、三菱東京UFJ、みずほ、三井住友、りそなの金利は現在年3.4―3.5%。この1年間で0.7%ほど上昇した。日銀が量的緩和策を解除した昨年3月ごろから上がり始め、上昇幅は1年数カ月で約1%になった。3年物とともに主力の10年物は年4.2%前後で1年前に比べて0.5%ほど上がった。

(日本経済新聞 - 2007年7月7日)
------------------------------------------------
PR
ブログ内検索
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
アーカイブ

Copyright © [ 金融についてニュースをチェック ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]